なつたよりとは

なつたよりが出来るまで

なつたよりは長崎県果樹試験場において,最も食味がよいとされる「長崎早生」と大実の「福原早生」を平成2年に交雑して生まれた実生の中から選抜,育成された大型品種で、平成21年に品種登録され初出荷されました。

なつたよりの特徴

1他の品種より丸みを帯びており、やや卵型です。平均重量は60gと大きめサイズです。

2果肉に厚みがあり、柔らかくジューシーで食べ応えが感じられます。

3平均糖度は12度以上で甘い品種です。

4寒さに弱い品種のため、冬季は簡易ハウスにて保温をしています。