栽培方法

1肥料

9月に有機質肥料、3月と収穫後に化成肥料を施します。

2摘蕾

枝先につく花房に約100個前後の花がつきます。果実が大きくするために、11月頃に蕾の数を減らす摘蕾を行います。
茂木の場合は、花房中間部の3~4段を残し、他を摘み取ります

3摘果

3月から4月頃に摘果を行います。
大玉の枇杷を作る為に通常は1房に20個以上なる実を摘果して3個ほどにします。

4剪定

9月頃に剪定を行います。
花芽はの先端によくつきます。
込み合った部分の枝を間引き、間引き剪定を主体にします。
中心枝から副梢が何本か出ている際は、間引いて1本にします。

5袋がけ

病害虫による被害を防ぐため、1果房ごとに袋かけをします。

6収穫

枇杷の実の結実を見極め、納得のいく実りの枇杷のみを収穫します。